NEWS TOP

2017.08.02

まるで、『アナ雪』のエルサのよう?! 王女アマネットのモンスターになる様子に思わずゾクリ… 本編抜粋映像が到着!!

この度、悲しい出来事により恐ろしい力を手にしてしまう様は、まるで『アナ雪』のエルサのよう?!王女アマネットのモンスターになる様子に思わずゾクリとする本編抜粋映像が到着いたしました!!

古代エジプト。強く美しい王女アマネット(ソフィア・ブテラ)はファラオから認められ、次期女王の座が約束されていた。しかし、ファラオに息子が産まれ、その約束が裏切られ、絶望したアマネットは、“死者の書”に記された魔術を使い、死の神であるセトと契約を交わす。赤い宝石がはめ込まれた短刀を手渡されると、アマネットは苦しみ、その体にはヒエログリフが刻まれる。顔をあげたアマネットの瞳孔は4つに分かれ、邪悪なモンスターとして生まれ変わるー。
悲しい出来事により恐ろしい力を手にしてしまう様は、まるで『アナと雪の女王』のエルサのよう?!

果たして、激しい怒りと力への欲望をため込んだアマネットが、この後どんな行動を起こすのか?!これから待ち受ける展開を想像するに、思わずゾクリ…としてしまうシーンに仕上がっています。

2474_d018_00221r_crop

5000年の時を経て、憎悪にまみれたアマネットが現代に蘇り、全ての人間たちへの想像を絶する復讐を描く本作。恐ろしい映画にする必要があったと語るものの、観客がモンスターの中に残る人間らしさに気づき、共感を覚えるようにしたかったと語るアレックス監督。また、子供の頃からユニバーサル作品のモンスター映画のファンであったという監督は「モンスター映画で重要なのは、彼らに対して恐怖を感じるのと同時に、愛情も抱くことなんだ」とそのこだわりを明かしています。

2474_tpf_00075r_crop

『キングスマン』での義足の殺し屋ガゼルをみて、アマネットを演じる理想の女優と確信、監督の熱烈なラブコールを受け、なんとトム・クルーズよりも先に出演が決まっていたというソフィア・ブテラは、劇中で、元ダンサーならではの身体能力を生かしてキレのあるアクションを披露するだけでなく、観る者に恐怖を与えさせると共に、モンスターの中に残る人間らしさを見事に表現、初の女性ミイラを熱演しています。ソフィアはアマネットについて「アマネットを邪悪で憎むべき存在として描くのはすごく簡単なこと。でもアレックス(・カーツマン)は決して彼女をただのモンスターとして描かなかったし、そこが気に入っている」と振り返り、続けて「厳密にはモンスターだけど、彼女の心理的な部分を描いて、なぜ彼女が生き残るためにあんなことをしたのかを理解することが重要だった。皆も彼女に同情するわ。私にとって、アマネットはモンスターではなく、サバイバーなの」と説明します。

そんなソフィア今回の熱演について、トム・クルーズは「ソフィアはミイラ役として最適のキャスティングだ。彼女はエキゾチックな魅力とパワーをミイラにもたらしている。ソフィアのパフォーマンスは圧倒的だ」と称賛しています。

km8_0415

アナ雪では、凍っていた心が溶け、エルサは無事また新たな人生の一歩を踏み出す、ハッピーエンドで締めくくられましたが、本作でのアマネットはどんな結末を辿るのか…?是非劇場でお確かめください!