MENU

    『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』作品情報

    公開日2017年7月28日
    上映時間110分
    制作国アメリカ
    ジャンルアクション/アドベンチャー・冒険
    監督アレックス・カーツマン
    脚本デヴィッド・コープ/クリストファー・マッカリー/ディラン・カスマン
    原案カール・フロイント『ミイラ再生』
    キャストニック・モートン:トム・クルーズ/ジェニー・ハルジー:アナベル・ウォーリス/アマネット:ソフィア・ブテラ/クリス・ヴェイル:ジェイク・ジョンソン/グリーンウェイ大佐:コートニー・B・ヴァンス/マリク:マーワン・ケンザリ/ヘンリー・ジキル:ラッセル・クロウ

    『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』あらすじ

    中東の戦闘地帯で古代エジプトの文字が刻まれた石棺が発見された。発掘に立ち会った米軍関係者のニック(トム・クルーズ)、考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)らが同乗し、調査のために石棺をイギリスに輸送する途中にアクシデントが発生。ジェニーは辛うじて脱出するが、ニックたち米軍関係者を乗せた輸送機はロンドン郊外に墜落、石棺は行方不明になってしまう。やがて世界を恐怖の底に引きずり込む、想像を絶する物語が始まる――。

    『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』評価・ネタバレ感想

    (4/5)
    かっこいいトム・クルーズと美人の化け物

    古代エジプトの王女で次期女王を約束された女性が、ファラオに生まれた息子のために、約束を保護にされ、目的を達成できなかった。王女は魔術で化け物になり、ファラオ、息子ともども殺してしまうのだが、つかまって、生きたままミイラにされ封印されてしまう。だけど現代で発掘され、化け物としてよみがえった王女は、この世を支配しようとする。しかし、そこに、気力、体力、知力が常人にあらずのふつうの人のはずのトム・クルーズがあらわれて、大冒険の末、化け物をやっつけて目的達成を阻止するとゆう、ハリウッドの冒険ファンタジー物語の映画だった。
    古代エジプトの不思議、魔術、神、死者の書、化け物の登場によるファンタジックなストーりー立てと、痛快なアクション満載、また物語の早い展開で、あっという間に食い入るように、おもしろく見られた。
    もちろん主人公のトム・クルーズのいつものかっこ良さも安心してみられる要素になっている。
    (しかしトム・クルーズがこの手の映画に出演しているとは思わなかった。)
    自分的には、この手の荒唐無稽の映画は、映像的にはよく出来ていて、ほんとうらしくみえるんだけど、現実感なしの文句なく、なにも考えることなしに楽しめる内容だ。ハムナプトラなんかが好きな方は、絶対楽しめると思います。少し似てるのかなあ。
    それに、本作の悪役の化け物側の主人公が女性で、セクシーないでたちなので、それも加味して映像的にも不気味で美しく楽しめた。
    戦いの最後ででトム・クルーズは古代エジプトの魔術で人間でなくなってしまう。これもめずらしい展開と思った。主人公自体が化け物になって、また別の化け物と今後戦っていくことを示唆しているようにも思った。これから魔術をとくために戦いに向かっていくことを連想させるラストで続編を予感させるシーン。続編作ってほしいなあ~。

    (ペンネーム:a_ban【60代 男性】)

    (3/5)
    いつものトムクルーズとは違う

    期待していたよりは、ストーリーやトムクルーズの役柄がイマイチだったので星3つにさせて頂きました。ホラー映画ではあるものの、ミステリーに近い感じなので、ホラーが苦手な方でも観やすい作品だと思います。私は日本のホラーは怖くて見ることができませんが、この映画は日本のホラーとは違い、ホラー特有の気持ち悪さはありません。少し驚く部分はあるかもしれませんが…。映画館でも観ましたが、実際そんなに怖いシーンはありませんでした。悪魔で個人の感想ではあります。内容はわかりやすく、ストーリーの展開は面白かったです。難しい内容ではないので、疲れているときにでも気軽に観られる映画だと思います。私はトムクルーズのファンで、彼の作品は今まで全て観ました。いつも彼の作品はアクションが多く、それを見るのが映画の楽しみでもあります。しかし本作品のトムは、いつものアクション映画で見るようなカッコいい役柄ではありません。敵(幽霊?)が出て来たら、女性を置いて逃げてしまうような役柄です。。彼のアクションが好きな方が見ると少し残念に思う作品かもしれません、、実際私がそうでした。トムクルーズのファンの方も、そうでない方も、彼のカッコ良さは期待せずに見るのがおすすめです!純粋にストーリーを楽しんで頂ければと思います。最後の終わり方が少し残念でした。スッキリしない終わり方です。。しかし、最後まで飽きることなく見ることができる映画です。

    (ペンネーム:Aki【20代 女性】)

    (4/5)
    途中までは楽しめたけど、、、

    トムクルーズが主演ということで主人公もカッコよかったが、物語はチグハグで、混乱していて、トーンもばらばら。
    アクションにおいては、スピーディなアクションや、CGIを使った大破壊のシーンが絶え間なく続いて個人的にはアクションとして楽しめた。

    『内容の感想』
    前半はモンスター映画として楽しめたのですが、後半はプロディジウムやジキル博士のエピソードが強く主張しすぎて、主役のマミーの存在感が薄くなったのが残念で、ホラー映画として考えていいのか謎だった。個人的にはアクションに少しホラー要素を足したものだと考えている。
    驚かす系ではなく、精神的なホラーだったため、もう少し、マミーの要素を足すなりして欲しかった。
    ハイド氏が登場してくるシーンでは、ニックことトム・クルーズと戦闘の場面はボーナスシーンな感じが強く感じられ、蛇足感が個人的に否めない。

    最後のシーンでアマネットがなぜすぐニックを刺さないのかとても不思議で仕方なかった。地底湖でジェニーをさらって行った理由もよくわからなく、あの時点で身動きのとれないニックを短剣で突き刺せば、すぐにセトが蘇ったのではないのでは?と考える。ジェニーに対してのヤキモチかもしれませんが、それならもっとわかりやすく表現してほしいです。また、セトは憑依したのか、はたまた、赤い宝石のパワーは結局何だったかなど、多くの謎は残りましたが解明せず、個人的に不完全燃焼状態でした。

    前半はモンスター映画として楽しめたし、後半は次回作以降のダーク・ユニバースへの橋渡しだと考るならまあまあな映画だと思います。(個人て的におすすめしませんが笑笑)

    (ペンネーム:とっきさん【10代 女性】)

    映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』無料動画配信